最新号情報【第349号】最新号の目次はこちら

松本清雄 氏
巻頭インタビュー

松本清雄 マツモトキヨシホールディングス 代表取締役社長

経営も人材育成も、
上から目線ではなく、自ら考え、
当たり前のことを当たり前に

記事はこちら
中原 淳氏  中原孝子氏
新春特別対談

中原 淳 東京大学 大学総合教育研究センター 准教授

中原孝子 インストラクショナルデザイン 代表取締役/ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン 理事(副代表)

“20世紀的発想”を脱ぎ捨て、
新しい働き方、学び方にシフトしよう

記事はこちら
島田由香氏
働き方改革1

島田由香 ユニリーバ・ジャパン 取締役 人事総務本部長

ワクワクがパフォーマンスを最大化する 働き方改革とは「生き方を決める」こと

記事はこちら
曽山哲人氏

曽山哲人 サイバーエージェント 取締役 人事統括

褒めの文化と挑戦する風土 一人ひとりの才能を開花させろ!
「強みを活かす」育て方

記事はこちら
白井剛司氏
学び方改革1

白井剛司 博報堂 人材開発戦略室 マネジメントプラニングディレクター

内省支援と上司との関係性が鍵 最近の若手の傾向に合った学び方改革とは

記事はこちら
白井剛司氏
学び方改革2

加藤洋平 知性発達科学者

ダイナミックスキル理論に基づく 能力の成長プロセスとメカニズムで見直す企業内教育

記事はこちら

オススメ連載・コラム

最新タイアップ記事過去のタイアップ記事はこちら

2018年1月号

記事の本文はこちら

企業事例 マツダ 管理者のEQを高める研修により 職場の「いきいき度」が改善し メンタル不調による休業も減少

自動車メーカーのマツダでは、安全健康活動を通して「自律型のいきいき職場づくり」を推進している。全社で行われたストレスチェックで「低モチベーション」と判定されたA本部は、メンタル疾患による休業発生率も高かった。そこで、管理者の感性を高めることで職場の活性化を図ろうと、アドバンテッジ リスクマネジメントが提供する「EQマネジメント研修」を導入した。保健師として導入を推進した石田恭子氏に話を聞いた。

記事の本文はこちら

「働き方改革」時代における 若手育成を考える 〜調査結果から見えた実態と対策〜

労働人口の減少により人材の売り手市場が続く中、いかに効率的に新入社員を育てるかは、企業の共通課題だ。日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)が行った調査によると、若手育成のポイントは「経験学習力」だという。全国各地で若手育成セミナーの講師を務める、JMAM カスタマーリレーション部 企画推進2部長の斎木輝之氏に、その背景や真意について聞いた。

2017年12月号

記事の本文はこちら

セミナー・イベントレポート GLOBAL HR FORUM JAPAN 2017 リンクグローバルソリューション 外国籍社員の本音 〜外国籍社員からみた日本の企業理念の不思議〜

「日本企業がグローバル市場で生き残るために、グローバル人事は今、何をすべきなのか?」をテーマに開催された「GLOBAL HR FORUM JAPAN 2017」。今回は、その中のプログラムの1つ「外国籍社員の本音」を紹介する。同プログラムでは、日本企業がグローバルに理念経営を実現していくために意識すべきことについて、数多くの日本企業の理念と向き合ってきた外国人コンサルタントが、外国籍社員の声を代弁しながら提言を行った。

記事の本文はこちら

研修会場・宿泊・食事・ 機材の手配など 研修準備をワンストップで支援

研修を実施するために、研修会場・宿泊・食事・機材などを手配するのは、かなりの労力を伴う。とはいえ、実施時の不備は許されないだけに、疎かにはできない。そこで注目したいのが、株式会社ミーティング・インフォメーション・センター(以下、MIC)が提供する研修準備のアウトソーシング・サービスだ。同サービスを利用すれば、煩わしい手配業務から解放され、しかも手配手数料は不要だという。
どのようなサービスなのか、同社の工藤順子氏に話を聞いた。

記事の本文はこちら

ホテルの雰囲気で研修を 都内の利便性高い最新施設で 最大限の効果と感動を生む

マックスパートが、都内近郊の施設整備を積極的に進めている。2017 年6 月にフクラシア八重洲(東京)、10 月にフクラシア丸の内オアゾと、東京駅周辺で相次ぎオープン。晴海グランドホテルは2017 年6 月の新装開店をめざして改装工事中だ。同社の最前線でサービス提案に携わる亀田英則氏に、これまでの歩みや将来に託す思いを伺った。

記事の本文はこちら

セミナー・イベントレポート HRサミット2017 成果を問われる「管理者教育」のあり方 経験学習の繰り返しで、管理者の ぶれない「自分軸」をつくる 〜定番研修を「新・実力管理者研修」/「新・実力管理者基礎研修」にリニューアルした理由〜

職場の多様化や働き方改革が進む中で、職場におけるメンバーの価値観の相違や急激な環境変化に、どう対応していけば良いのだろうか。新たなマネジメントの在り方が問われる新時代の管理者教育はどうあるべきなのだろうか。日本能率協会マネジメントセンターでは、定番管理者研修をリニューアルした背景や今後の教育に必要な要素をHR サミット2017で発表した。本レポートはその時の同社のシニアHRM コンサルタントである宮田克美氏の講演をまとめたものである。

新着情報新着情報一覧はこちら