最新号情報【第336号】最新号の目次はこちら

尾山 基 氏
巻頭インタビュー

尾山 基 アシックス 代表取締役社長CEO

自ら学び、建設的に議論し合う
創造的な組織で2020年へ

記事はこちら
安藤俊介 氏

安藤俊介 日本アンガーマネジメント協会 代表理事

アンガーマネジメント 衝動・思考・行動を制御し思いとリクエストを伝える

記事はこちら
久世浩司 氏
OPINION 2

久世浩司 ポジティブ サイコロジー スクール 代表

レジリエンス ストレスにしなやかに適応し、立ち直る力を身につける

記事はこちら
尾崎由佳氏
OPINION 3

尾崎由佳 東洋大学 社会学部 社会心理学科 准教授

意志力 自己統制と粘り強さを支える
2つの力のメカニズム

記事はこちら
前田暁史 氏
CASE 1

野村證券 社内の実態に合ったテーマ選定で受講満足度9割を実現 明快な3つのメソッドが効く
アンガーマネジメント研修

前田暁史
人権啓発室長

記事はこちら
土屋俊之氏&鈴木水季氏
CASE 2

郁文館夢学園 早期レジリエンス教育ストレスフルな社会でも活躍できる
“生きる力”を高める

土屋俊之
郁文館中学校・高等学校・グローバル高等学校 教頭
鈴木水季
スクールカウンセラー/臨床心理士/精神保健福祉士

記事はこちら

オススメ連載・コラム

最新タイアップ記事過去のタイアップ記事はこちら

2016年12月号

記事の本文はこちら

セミナー・イベントレポート Global HR Forum Japan 2016
リンクグローバルソリューション
~日本企業がグローバル市場で生き残るために、グローバル人事は今、何をすべきなのか?~

日本企業のグローバル化には、人事戦略や組織開発などの施策をグローバルな視点で再点検、再構築することが不可欠だ。10月に行われた「Global HR Forum Japan 2016」は、のべ40名の登壇者が4つのカテゴリー、18のプログラムに分かれてグローバル人事の課題を熱く討議。“ソリューションありき”ではなく、“課題ありき”の姿勢は、240名超える参加者から高い支持を集めた。

記事の本文はこちら

国内トップの稼働率を保つ研修特化
型施設のきめ細やかなトータルサポート

ビジネスの加速やグローバル化に伴い、コミュニケーションスキルを高めるのに欠かせない集合研修が見直されている。こうした中、貸し会議室を提供する研修関連サービス市場は活況を呈しているが、中でも研修特化型ホテルの晴海グランドホテルは、国内トップの高稼働率を維持し続けている。その人気の秘訣について、同ホテルの方々に話を伺った。

記事の本文はこちら

適性検査「V-CAT」を用いた科学的人材マネジメントで
組織のパフォーマンスを高める

組織力を高めるには、互いに気持ちよく働ける環境が欠かせない。では、そのために、上司は部下にどのように接すればいいのか。また、どのようなチーム編成が効果的なのか。その手段として注目されるのが、日本能率協会マネジメントセンター(以下、JMAM)が提供する適性検査「V-CAT(ブイ・キャット)」を活用した科学的人材マネジメントだ。実際に顧客の課題解決に活かしているJMAM パートナー・コンサルタントの萩原正英氏に、その活用法を聞いた。

記事の本文はこちら

2時間で新入社員の受け入れ体制を整える
「短時間OJTトレーニング」

新入社員育成のよくある課題のひとつとして、「職場の受け入れ体制ができていない」ことがあげられる。しかし、現場で実務に追われる上司や先輩社員を、研修のために職場から離すことは難しいものだ。そこで、日本能率協会マネジメントセンター(以下、JMAM)では、2時間でOJT リーダーとしてのかかわり方を学べる「短時間OJT トレーニング」(通称TOT)を開発した。今回は、「HRサミット2016」で行われたTOT の説明+体験会の様子をリポートする。

新着情報新着情報一覧はこちら