最新号情報【第337号】最新号の目次はこちら

鳥井信吾 氏
巻頭インタビュー

鳥井 信吾 サントリーホールディングス 代表取締役副会長

「やってみなはれ」に
込められた人づくりの本質

記事はこちら
行木陽子 氏

行木陽子 日本IBM 技術理事

AI から見る未来 AI 時代に活躍するのは
情報精査・判断力、共感力のある人材

記事はこちら
中島隆信 氏
OPINION 2

谷口政秀 イトーキ オフィス総合研究所 所長

ワークスペースから見る未来 まだ見ぬ世界を創造する
「働き方3.0」とは

記事はこちら
中島隆信
OPINION 3

中島隆信 慶應義塾大学 商学部 教授

経済学から見る未来 労働資源を大切に扱い
“真のダイバーシティ” の実現へ

記事はこちら
出口治明
OPINION 5

出口治明 ライフネット生命保険 代表取締役会長

経営的視点から見る未来 「飯・風呂・寝る」から
「人・本・旅」へ転換せよ

記事はこちら
厚切りジェイソン
OPINION 6

厚切りジェイソン お笑い芸人/ IT 企業役員

アメリカ人が見る日本の未来 厚切りジェイソンが斬る
“Why Japanese People & Company!?”

記事はこちら

オススメ連載・コラム

最新タイアップ記事過去のタイアップ記事はこちら

2017年1月号

記事の本文はこちら

セミナー・イベントレポート Global HR Forum Japan 2016
リンクグローバルソリューション
トークセッション
日本人のグローバルリーダー輩出に向けて

日本人がグローバルリーダーとして世界で活躍するために必要なことは何か。経営幹部を対象にグローバルリーダー育成を行う世界トップクラスのビジネススクールIMDの高津尚志氏と、将来のグローバルリーダー輩出に向けて、学生の留学を促進する文部科学省官民協働プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」の船橋力氏、そしてリンクグローバルソリューション取締役の日髙達生氏が語り合った。
※「GLOBAL HR FORUM JAPAN 2016」(2016 年10月12日開催)でのトークセッションを編集したものです。

記事の本文はこちら

企業事例 シー・アイ・シー/しんきん保証基金/パーカー熱処理工業
参加企業が語る異業種交流型公開セミナーの魅力とは?

日本能率協会マネジメントセンター(以下、JMAM)は、異なる背景を持つ参加者同士が研鑽し合う異業種交流型の学びの場として、公開セミナー「JMAMビジネスカレッジ」を開催している。今回、ビジネスカレッジに参加した企業の人事担当者3名を招き、異業種交流の魅力について語っていただいた。

2016年12月号

記事の本文はこちら

セミナー・イベントレポート Global HR Forum Japan 2016
リンクグローバルソリューション
~日本企業がグローバル市場で生き残るために、グローバル人事は今、何をすべきなのか?~

日本企業のグローバル化には、人事戦略や組織開発などの施策をグローバルな視点で再点検、再構築することが不可欠だ。10月に行われた「Global HR Forum Japan 2016」は、のべ40名の登壇者が4つのカテゴリー、18のプログラムに分かれてグローバル人事の課題を熱く討議。“ソリューションありき”ではなく、“課題ありき”の姿勢は、240名超える参加者から高い支持を集めた。

記事の本文はこちら

国内トップの稼働率を保つ研修特化
型施設のきめ細やかなトータルサポート

ビジネスの加速やグローバル化に伴い、コミュニケーションスキルを高めるのに欠かせない集合研修が見直されている。こうした中、貸し会議室を提供する研修関連サービス市場は活況を呈しているが、中でも研修特化型ホテルの晴海グランドホテルは、国内トップの高稼働率を維持し続けている。その人気の秘訣について、同ホテルの方々に話を伺った。

記事の本文はこちら

適性検査「V-CAT」を用いた科学的人材マネジメントで
組織のパフォーマンスを高める

組織力を高めるには、互いに気持ちよく働ける環境が欠かせない。では、そのために、上司は部下にどのように接すればいいのか。また、どのようなチーム編成が効果的なのか。その手段として注目されるのが、日本能率協会マネジメントセンター(以下、JMAM)が提供する適性検査「V-CAT(ブイ・キャット)」を活用した科学的人材マネジメントだ。実際に顧客の課題解決に活かしているJMAM パートナー・コンサルタントの萩原正英氏に、その活用法を聞いた。

記事の本文はこちら

2時間で新入社員の受け入れ体制を整える
「短時間OJTトレーニング」

新入社員育成のよくある課題のひとつとして、「職場の受け入れ体制ができていない」ことがあげられる。しかし、現場で実務に追われる上司や先輩社員を、研修のために職場から離すことは難しいものだ。そこで、日本能率協会マネジメントセンター(以下、JMAM)では、2時間でOJT リーダーとしてのかかわり方を学べる「短時間OJT トレーニング」(通称TOT)を開発した。今回は、「HRサミット2016」で行われたTOT の説明+体験会の様子をリポートする。

新着情報新着情報一覧はこちら