マガジン一覧

月刊誌『人材教育』 2017年01月号【公開日:2016年12月20日】

労働人口の減少や働く人の多様化、AIの開発・導入など、
大きく急激な変化が、私たちの職場に迫っています。

それに伴い、今後ますますビジネスパーソンの働き方や、
企業が求める人材像は激変していくでしょう。

人材育成や組織開発の方法、働きやすい環境の整備にも、
それは密接に関わってきます。

具体的に企業(経営)や人事・人材開発部門は、
どういった変化に備える必要があるのでしょうか。

AI、働く場、経済学など、下記の専門家に、
近未来ともいうべき2030年の「働き方と人材要件」を予測のうえ、
未来に備えるための叡智をお聞きしました。

行木陽子氏 日本IBM 技術理事
谷口政秀氏 イトーキ/オフィス総合研究所 所長
中島隆信氏 慶應義塾大学 商学部 教授
原田曜平氏 博報堂ブランドデザイン 若者研究所 リーダー 
出口治明氏 ライフネット生命保険 代表取締役会長
厚切りジェイソン氏  お笑い芸人/IT企業役員 
熊野英一氏 株式会社子育て支援 代表取締役  
山本 寛氏 青山学院大学 経営学部 経営学科 教授

月刊誌『人材教育』 2017年02月号【公開日:2017年01月20日】

今月号の特集は「組織と個人のパフォーマンスを高める!」です。

来るべき人手不足への対応や、ワークライフバランスの実現に向けて、限られた時間と労働力で業績を上げていくために必要なもの――。
それは、「組織と個人のパフォーマンス向上」だと考えます。

従業員の行動変容を促し、パフォーマンスを最大限に引き出すには、どうしたらよいのでしょうか。
どのようなマネジメントが必要なのでしょうか。

本特集では、識者の声と企業事例から、そのヒントを探ります。

ぜひ、目を通していただければ幸いです。

月刊誌『人材教育』 2017年03月号【公開日:2017年02月20日】

今月号の特集は「組織開発するということ」です。

“VUCA”と表現される、次々に新しい価値を生み出し、
変化していかなければ生き残れない時代、

人材開発部門がビジネスや組織機能を支えることが、
これまで以上に求められています。

そして、そのアプローチには「人材開発」の他に「組織開発」があります。

組織開発は、組織の「関係性」にアプローチするもので、さまざまな手法があり、
近年、重要性が改めて高まっています。

そこで、改めて組織開発の全体像や必要性を押さえつつ、
具体的に知っておくべき考え方や本質、手法について
識者や実務家の知見と実践を紹介します。

月刊誌『人材教育』 2017年04月号【公開日:2017年03月21日】

さて、今月号の特集は「新入社員のよい習慣づくり」です。

新入社員を受け入れる準備は整いましたか?

何でも吸収しようという意欲に溢れる入社1年目のうちに、
ぜひ身につけさせたいのが、“よい習慣”ではないでしょうか。

成果を上げるビジネスパーソンと、そうでない人の違いは
小さな習慣の積み重ねにあるといえます。
仕事の進め方、考え方、日々の過ごし方……
よい習慣を身につけることが、新入社員のその後の成長につながるのです。

では、新入社員の成長につながるよい習慣づくりは、
どのように進めていけばよいのでしょうか。
識者の声と企業の取り組み事例を通して、そのポイントを探ります。

月刊誌『人材教育』 2017年05月号【公開日:2017年04月20日】

さて、今月号の特集は「引き出せ! 40代の底力」です。

働き盛りですが、能力開発の隙間になりがちな40代。

新人とシニアの間で手本になりえる存在であり、
社会人人生の分岐点となる、非常に重要な世代です。

この世代を底上げし、パフォーマンスを上げてもらうことができるかどうかで、
企業の業績が大きく左右されるといっても過言ではありません。

効果的な手を打てなければ、ローパフォーマーや
「働かないおじさん・おばさん」を生み出してしまうことにもなります。

本特集では、40代のビジネスパーソンに悩みやホンネ等を聞くと共に、
底力を引き出す方法についてや、世代的な心身の変化などについて、
識者の知見や先進事例を紹介します。