月刊誌『人材教育』2012年10月号

「六重苦」ともいわれる状況に日本の製造業は置かれ、グローバル競争で苦戦を強いられています。
そうした中、日本のものづくり企業は、製品づくりや研究開発もさることながら、「人材育成」を深刻な課題と捉えています【※1】。 「人材」の中でも、ものづくりの現場で中核的な役割を果たす中核人材の育成が急務なのです【※2】。
中核人材とは具体的には、「製造職場のリーダーとして、ラインの監督業務や、部下・後輩の指導を担当できる」人材、 また「多くの機械を受け持ったり、複数の工程を担当できる」といった能力を持つ人材です。 その能力は「世の中の状況も踏まえて、自分の現場を具体的に変えていくことのできる能力」、と言い換えることができることができます。 ではそうした能力を持つ中核人材は、どのように育成できるのでしょうか。
今回の特集では、識者の意見や、企業の事例から、その具体的なアプローチを提示します。
【※1】経済産業省調べ 2011年1月(2011年度ものづくり白書より)
【※2】労働政策研究・研修機構「ものづくり現場の中核を担う技能者の育成の現状と課題に関する調査」

巻頭インタビュー 私の人材教育論
ダイナミックに柔軟に体制を変えてコラボするサッカー型組織をめざす

高度にネットワークされたプロフェッショナルの集団――従来の階層型組織とはかけ離れた企業風土を持つシスコシステム。コラボレーション・アーキテクチャーの構築、企業カルチャーの浸透により、高い価値を顧客にもたらす仕組みを生み出した。その強みの源泉は、「企業風土づくり」にあったという平井康文代表執行役員社長に、その思いを聞いた。

特集 日本の屋台骨を再構築する
生産現場を支える「ものづくり人材」の育成

「六重苦」ともいわれる状況に置かれ、グローバル競争で苦戦を強いられている日本の製造業。日本企業のプレゼンスを再び取り戻すためには、戦略的な舵切りと、現場力の維持が不可欠だ。うち、「現場力」とは、生産現場を支える中核人材たちが発揮する力である。これまで日本の強みといわれてきた現場力も、それを維持する人材がいなければ、衰えていく一方なのだ。変化の時代を生き抜き、ものづくりの将来を支える彼・彼女らには、どんなことを、どんなふうに高めてもらえばよいのだろうか。また、それを支援する企業側の具体策とは。

Opinion 1
生産現場をその目で観察して「問題発見力」を高める支援を

現在、日本企業のものづくりを支える現場人材の構成と育成は、どのような課題に直面しているのだろうか。急速に生産拠点のグローバル化が進む中で、今後重要なのは、現場に深く入り込み、自力で現場を変えていくリーダーであるがそのようなリーダーの育成には、どんな視点を重視すべきだろうか。自身が現場に入り込んで研究を行ってきた河野宏和教授に、企業、人事に求められる環境づくりと取り組み姿勢について聞いた。

OPINION 2
ものづくり現場における中核的技能者の育成-現状と課題-

ものづくり大国として、世界経済をリードしてきた日本の製造業。だが、長年にわたる日本経済の低迷により、ものづくりの現場が見直されようとしている。労働政策研究・研修機構では、製造業の現状を把握するために、ものづくり現場で中心的な役割を担っている「中核的技能者」に関する実態調査を行った。今回は調査結果をもとにして、「中核的技能者」の現状を伝えるとともに、今後の課題についても示唆していく。

Column
“ものづくり大好き人材”を早期育成する「ものづくり教室」

特定非営利活動法人(NPO)コアネットは、中小企業の経営や学校でのキャリア教育を支援したいと、2000年12月に企業OBが設立したボランティア団体だ。中小企業・ベンチャー企業支援や学校でのキャリア教育支援などを行うが、ここでは将来のものづくり人材を育成する、子どもたち対象の「理科・ものづくり教室」の取り組みを紹介する。

企業事例1
アイシン高丘
ものづくりの基盤技能を育成するPMマスター研修制度

自動車関連の鋳物を生産するアイシン高丘は、TPM活動の高さで知られるが、その基盤になっているのが、ものづくりの「核」となる班長クラスを育成する3ヵ月間のPMマスター教育である。30年間もの長きにわたり継続されている、このプログラムの概要とは。

企業事例2 石川サンケン
通信教育にプラスアルファの工夫で「全社員が中核人材」をめざす

各種エレクトロニクス製品に使われる半導体を生産する アセンブリーメーカー、石川サンケン。 同社では工場全体の生産レベルを向上することをめざし、 社内での等級認定制度と通信教育を活用しているが、 そこにはただ通信教育受講を促すだけではない、独自の工夫があった。

企業事例3
パナソニック エコソリューションズ創研
退職OBの活用で連結企業・サプライヤーの製造力を強化

ものづくりの高度化やグローバル化が進み、企業の存続は、連結企業、サプライチェーンなどを含めた改革・効率化が不可欠になっている。そんな中で、連結企業・サプライヤーの経営体質強化と人材育成に力を入れているのが、パナソニック エコソリューションズ創研。ものづくり人材の育成こそ重要な課題という同社にその狙いと仕組みを伺った。

ものづくり現場を支える人材の育成を支援する『生産マイスター』プログラム

製造業における国際的な競争が激化する中で、日本のものづくりの事業環境は円高の進行や新興国の台頭などにより相対的に悪化し、国際分業の一層の加速が避けられなくなってきている。こうした中、世界で活躍できるものづくり人材の育成は我が国の製造業にとって喫緊の課題だ。一般社団法人 人材開発協会が提供する『生産マイスター』プログラムは、こうした課題に対応する“ものづくり人材の育成を支援する新しい仕組み”として大きな注目を集めている。『生産マイスター』プログラムとはどのようなものか、人材開発協会事務局に話を伺った。

~グローバル競争時代に求められる~
ものづくりを支える中核人材の育成

日本の製造業においては、グルーバル化への対応や、熟練労働者の退職による技能伝承など、ものづくりの現場を支える人材の育成が課題となっている。こうした背景を踏まえ、(株)日本能率協会マネジメントセンターは、通信教育『生産マイスターシリーズ』を新たに開講し、ものづくりを支える中核人材の育成を支援していく。同シリーズは、今秋スタートする生産マイスター検定(一般社団法人 人材開発協会主催)の公式認定通信教育である。今回、同シリーズの執筆・総監修に携わった株式会社日本能率協会コンサルティングの齋藤彰一氏が8月1日に東京・大手町サンケイプラザで行った講演から一部を抜粋し、ものづくり人材の育成ポイントを紹介する。

連載 中原淳の学びは現場にあり 第17回
専業主婦が家事のプロとなって笑顔で働く家事代行サービススタッフの学び
検証現場 ベアーズ

日本初の家事代行サービス会社として急成長しているベアーズ。そのサービスはベアーズレディと呼ばれるサービススタッフに支えられています。ベアーズレディの平均年齢は50歳代で、ほとんどが今まで働いたことがないごく普通の主婦。専業主婦たちが家事のプロとしてイキイキと働く現場の秘密に迫ります。

連載 金井壽宏の「人勢塾」に学ぶ。試す! 人と組織の元気づくり 第3回
「学びの場」のデザイン
人と組織の元気づくり

成熟社会。正解のないビジネス現場。社内のコミュニケーション不足――これらの課題に、即効性のある薬などないことは、誰もが感じているだろう。この状況に風穴を開ける術は、全くないのだろうか?その問いに挑むのが、神戸大学で金井壽宏先生が主催する第4期「人勢塾」。本誌では、「人勢塾」全10回の授業をレポート。施策1つで問題を解決するのではなく、組織全体へ多様なアプローチをする。そんな「組織開発」の手法を学び、ぜひ現場で試していただきたい。

連載 ワンワード論語 第2 回
「信」

前回は、自分の外にある知恵や情報を自分の中にインプットする「學」、そして、それらの学びを自分に当てはめ、どう実践すればいいのかと考えるプロセス「思」を取り上げました。今回は、「學」「思」を経て、発言や行動としてアウトプットした結果、あなたにもたらされる「信」を学びましょう。

連載 グローバルビジネスに役立つ教養の本棚 第10 回
「日本論・日本人論」
惑わされないための3つのポイント

世界でビジネスをすれば、日本人だからこそ抱く違和感を自覚させられることがしばしばあるだろう。その違和感を解消し、腹落ちさせる助けとなるのが、日本および日本人の特徴を理解していることである。今回は、総合学ともいえる日本論・日本人論に向き合う3つの着眼点と入門書を紹介する。

人材教育最前線 プロフェッショナル編
現場に赴き、みんなの知恵を活かしながら、課題を解決

通信カラオケ「JOYSOUND」をはじめ、カラオケ・ソーシャルメディア「うたスキ」や、携帯電話向けサービス「着うたフル」などの音楽コンテンツを提供するエクシング。同社は1992年の設立から急成長し、2010年にはカラオケ「UGA」ブランドのBMBと合併。新生エクシングとして再スタートを切る。池畠英治氏は同社の変革期に規程や制度統合などの人事業務を経験。社内の現場に自ら足を踏み入れ、課題を設定し解決策を生み出す手法で、数々の社内活性化やパフォーマンス向上に取り組んでいる。想いや苦心点について話を聞いた。

論壇
上級管理者の指導・しつけに関する一考察

挨拶ができない、周囲に対する思いやりがないなど、従来なら当たり前とされることができない管理職が目立ってきた。しつけがなっていないのは、若者ではなく大人なのだ。管理職のしつけがなっていないことは、個人の問題というだけでなく、彼・彼女らのリーダーシップ、部下育成、人間力にも暗い影を落とす。そこで、本論では、しつけの重要性とどうしたら管理職に真の気づきをもたらし、しつけについて学んでもらうことができるかを紹介する。

著者に聞く
唯一の公式テキストでものづくりの基本を身に付ける

日本のものづくりは、大きな岐路に立たされている。製造業のグルーバル化が急速に進む中で、常に世界でトップの生産技術力を保ち、国内においてもものづくりの技術を進化させ続けなければならない。こうした課題を解決するため、ものづくりの中核人材育成支援に乗り出したのが一般社団法人人材開発協会であり、同協会が提供する支援策の核となるのが『生産マイスター® 検定』だ。本書は人材開発協会が唯一公式に認定している『生産マイスター®』のガイドブックである。今回、総監修を担当した齋藤彰一氏に本書を使ってどのような学習ができるのか、お話を伺った。

連載 人事の職場拝見! Vol.21
日東電工
目的はグローバル化と競争力アップビジネスを学ぶ“アカデミー”を開校

シートやフィルム製品など約1 万3500 種類もの部材を供給する日東電工。近年は海外売り上げ比率が急伸し、社員のグローバル化や競争力アップを支える人材の育成が急がれている。今年に入り、リーダーシップ研修も大幅にリニューアル。変革期を支える人財統括部を紹介する。