編集部オススメの教育関連新刊図書

2017年11月号2017年10月号2017年9月号

『経営力を鍛える 人事のデータ分析30』

『経営力を鍛える 人事のデータ分析30』

  • 林 明文+古川拓馬+佐藤 文/著
  • 中央経済社/刊
  • 2200円+税

「会社の人件費は妥当か」と問われたら、何をどう判断すればよいのだろうか。データや数字に依拠していない人事管理は根拠が不十分で、人事が経営に貢献していくには、経理財務と同じような「数字による経営との共通言語が必要」というのが本書の主旨だ。「労働分配率」「リテンション率」「将来予測人件費」など、人事に関わる30 のデータを紹介。自己都合退職率が3%を超える企業は経営的に非効率で、まずモチベーション・サーベイを年1回は行うべきといったマネジメントのポイントも記載されている。

amazonで買う
60の先進事例で学ぶ 『本当の働き方改革』

60の先進事例で学ぶ 『本当の働き方改革』

  • 中村建助/編
  • 日経BP社/刊
  • 1800円+税

2017年3月に安倍内閣が「働き方改革実行計画」を決定後、働き方改革は国を挙げてのテーマとなった。改革の推進で他企業に遅れを取ると、今後は人材の採用が難しくなるだろう。本書は「改革を引っ張るのはミドルだ」「一歩先行く企業に学ぶ」「RPA、オフィスロボットが人間を解放」など6つのテーマで、働き方改革の先進的な事例を紹介している。サントリーホールディングス、オリックスグループなど一歩先を行く企業が、どのように働きやすい環境をつくり、生産性を上げていったのかを学ぶことができる。

amazonで買う
業績を上げながら人を育てる企業の戦略・人財・仕掛け 『次世代経営人財育成のすすめ』

業績を上げながら人を育てる企業の戦略・人財・仕掛け 『次世代経営人財育成のすすめ』

  • みらいコンサルティンググループ/編
  • 同文舘出版/刊
  • 1900円+税

不安定、不確実、複雑、曖昧を意味する「VUCA」の時代にイノベーションを起こすには、今までとは異なる基軸で物事を考え、実現化する「異能人財」が必要となる。異能人財を発見し、育成するにはどういった仕掛けが必要なのか。本書では、これからの時代に求められるリーダー像を解き明かし、多方面から育成の方法を探る。「KPI」「タレントマネジメント」「ゲーミフィケーション」などのキーワードを軸に、次世代リーダー育成のヒントを提示。人事の視点ではなく経営側の視点から描かれている点が興味深い。

amazonで買う
『リーダーシップの探求』 変化をもたらす理論と実践

『リーダーシップの探求』 変化をもたらす理論と実践

  • スーザン・R・コミベズ+ナンス・ルーカス+ティモシー・R・マクマホン/著
  • 日向野 幹也/監訳
  • 泉谷道子+丸山智子+安野舞子/訳
  • 早稲田大学出版部/刊
  • 2800円+税

本書は、90 年代に米国で出版されたリーダーシップ・テキストの訳書である。リーダーシップとはリーダーが発揮するものと考えがちだが、ここでは「関係性リーダーシップ」すなわち「全ての人が良い変化の創造のために他者と効果的に関わる能力」について解説している。もともとは大学生向けのテキストで、紹介されている体験やエッセイは学生向けだが、企業の人材開発にも使える内容だ。「自己を理解すること」「コミュニティーに属することの本質」や「権限や地位とは関係ないリーダーシップ」が描かれている。

amazonで買う

2017年10月号2017年11月号2017年9月号

『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる

『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる

  • ロバート・キーガン+リサ・ラスコウ・レイヒー/著
  • 中土井 僚/監訳
  • 池村千秋/訳
  • 英治出版/刊
  • 2500円+税

現代のビジネスパーソンは「業務の劇的な進化」を絶えず求められる中で、自分の弱さを隠すという「もう1つの仕事」に精を出し、組織は弱体化していく。個人が自分の弱さをさらけ出せる組織文化をつくるためには、個人と組織の両方の改革が必要だ。著者は、安全であると同時に厳しい文化を持つ組織を「発達指向型組織」(Deliberately Developmental Organization/DDO)と呼び、DDOのつくり方やDDOにおける個人レベルでの学習方法を紹介。また、DDOが営利企業として成立するかについても考察している。

amazonで買う
活躍する人のセオリー『強みを活かす』

活躍する人のセオリー『強みを活かす』

  • 曽山哲人/著
  • PHP研究所/刊
  • 870円+税

著者は、サイバーエージェントで10年以上にわたり人事責任者を務める人物。著者によると、仕事で活躍する人は総じて自己効力感が高く、自分がうまくやれると信じて前向きに仕事に取り組むという。自己効力感を高めるには「強みを見つけ、活かす」こと。本書は、「強みを見つけるためのノウハウ」から始まり、「強みを使って上手に仕事をする方法」「部下の強みを引き出し、チームとして成功するやり方」などをサイバーエージェントでの事例と合わせて紹介している。すぐに職場で導入できそうな方法が多く、実用的だ。

amazonで買う
『マンガでやさしくわかる部下の育て方』

『マンガでやさしくわかる部下の育て方』

  • 中原 淳/著
  • 葛城 かえで/シナリオ制作
  • 柾 朱鷺/作画
  • 日本能率協会マネジメントセンター/刊
  • 1500円+税

自分で動いて成果を出すプレーヤーから、他者を動かし職場の成果を出す管理職への転身は容易ではない。人的資源開発論の研究者である著者が関わった調査では、新任管理職の約3割が転身時につまずくという。本書は、「仕事の任せ方」「部下を観察する具体的な方法」など、多くの管理職が悩むポイントとその対策をマンガで読ませ、さらに詳しい考え方や実践方法を文章で説明している。部下の育て方をやさしく学びながら、自分自身が成長できる仕組みになっており、将来のリーダーや管理職候補は必読である。

amazonで買う
『仕事と家庭は両立できない?』「女性が輝く社会」のウソとホント

『仕事と家庭は両立できない?』「女性が輝く社会」のウソとホント

  • アン=マリー・スローター/著
  • 篠田 真貴子/解説
  • 関 美和/訳
  • NTT出版/刊
  • 2400円+税

プリンストン大学大学院の学部長として学生に「女性でも全てを手に入れることができる」と教え、オバマ政権下にクリントン国務長官の要請で政府の要職に就いた著者。しかし、子どもとの時間を優先して職を去ることになる。これは「脱落」なのか? 大学に戻った著者が「女性が輝く社会」の「ウソ」と「ホント」を赤裸々に語り、まとめたものが本書である。人生でも仕事でも他者への心遣い(ケア)は必要で、それは決して女性だけの仕事ではないと教えてくれている。働く女性はもちろん、男性も読むべき1冊。

amazonで買う

2017年9月号2017年11月号2017年10月号

『働く人改革』 イヤイヤが減って、職場が輝く! ほんとうの「働き方改革」

『働く人改革』 イヤイヤが減って、職場が輝く! ほんとうの「働き方改革」

  • 沢渡 あまね/著
  • インプレス/刊
  • 1500円+税

社会全体の課題である、働き方改革。著者は、残業や無駄を「減らすための方法論」ばかりが検討されているのではと、警鐘を鳴らす。人が幸せになる働き方を追求するには、「働き方」だけではなく、「働く人」そのものの改革を行うべきだというのが本書の主旨である。やらされ感や何のためにするのか分からないネガティブな仕事は減らし、ゴールが明確で、面白いポジティブな仕事を積極的に増やすことがポイント。ヤフー、ヤマハ発動機など組織的に働く人改革に取り組んでいる企業10社の事例も、興味深い。

amazonで買う
マンガでやさしくわかる 『学習する組織』

マンガでやさしくわかる『学習する組織』

  • 小田 理一郎/著
  • 松尾陽子/マンガ
  • 日本能率協会マネジメントセンター/刊
  • 1600円+税

マサチューセッツ工科大学のピーター・センゲが提唱した「学習する組織」は、変化の激しい時代に対応できる経営コンセプトとして広まったが、実践するにはそのコンセプトをよく理解する必要がある。本書は、「学習する組織」の理論、プロセス、ツールをマンガで分かりやすく紹介したもの。マンガでの気づきを解説で深い理解につなげ、ストーリーを追いながら、「システム思考」「メンタル・モデル」などを学ぶことができる。実践プロセスやワークも掲載されており、人と組織が共に成長するための入門書として最適。

amazonで買う
『グローバル展開企業の人材マネジメント』 これだけはそろえておきたい英文テンプレート

『グローバル展開企業の人材マネジメント』 これだけはそろえておきたい英文テンプレート

  • 鈴木孝嗣/著
  • 経団連出版/刊
  • 1600円+税

良い人材を採用・配置・育成・評価して定着させる人材マネジメントの基本は世界のどこでも同じだが、外国人を相手に外国語でマネジメントするには工夫が必要だ。著者は20 数年間にわたりグローバル人材マネジメントに関わってきた。本書はノウハウをテンプレートとして形式知化したものである。「職務記述書」「雇用契約書」「人事労務内部監査マニュアル」など人事に必要な書類の英文テンプレートや、英文メールでよく使うフレーズ、文例を紹介。グローバル企業で働く人事担当者は知っておきたい実践的な内容だ。

amazonで買う
『3000年の英知に学ぶリーダーの教科書』 困難に打ち勝つ不変の原理原則

『3000年の英知に学ぶリーダーの教科書』 困難に打ち勝つ不変の原理原則

  • 鈴木博毅/著
  • PHP研究所/刊
  • 1600円+税

混沌とした時代だからこそ、リーダーシップの既成概念を取り払い、本質を見つめる必要がある。著者は、紀元前8世紀ごろの英雄叙事詩「イリアス」から近年の一流経営者の著作までを分析し、古今東西のリーダー達の価値観や視点から新たなリーダー像を学ぼうと提案している。集団が危機に直面した時にリーダーはどう困難を打破したのか。実績を上げ続けたリーダーはどのように自己研鑽をしたのか。3000 年に及ぶリーダーシップの歴史には、未来へ進んでいくリーダーへのヒントが満載されている。

amazonで買う